本文へ移動
小鹿幼稚園へようこそ♪

学校法人 萌生学園からのお知らせ

避難訓練   ☆6月29日(水)
2022-07-04
★避難訓練を行いました★
保育所部と幼稚園部の全園児が、台所より火災発生という設定で避難訓練を行いました。
「火事です!速やかに避難しましょう!」との館内放送を聞いて、子ども達は口にハンカチをあてて(持っていない子は口に手をあてて)、腰を低くして園庭に逃げました。
2階から急ぎ足で避難する様子
先生に誘導されながら避難する様子
避難場所で静かに待機する子ども達
★避難すべり台を使って避難しました★
避難すべり台から避難する様子
さくら組(年中)は避難すべり台を使っての避難でした。
初めての体験でしたが、みんな上手に足でブレーキをかけながら、滑り降りることができました。
「怖かった!」「楽しかった♪」「上手にすべれたよ」等、感じたことを教えてくれました。
★避難終了後のお話★
防災研究社の方の講評
安全な場所への避難が終わると、防災研究社の方よりお話がありました。
「しゃべらず、ゆっくり落ち着いて避難ができていました。皆さん、煙をすわないように上手に手をあてていて、びっくりしました!」とお褒めの言葉をいただきました。
「先生方は、(コロナ禍で)子ども達がマスクをしているので、苦しそうにしていないかを確認することも大事です。」と教えてくださいました。
★消火訓練を行いました★
水消火器を使って消火する様子
職員を対象に、水消火器を使った消火訓練を行いました。「火事だ!」と大声で叫び、急いで消火器まで走り、火元をめがけて消火活動を行いました。
すぐに火が消える事もあれば、なかなか消えない事もありも…。
子ども達は、先生達が早く消火できるように、「先生がんばれ!!」と声援を送ってくれました。
「消火器は畳1畳くらいは消せるので、うまく使えれば安全です。先生方、よくできました!拍手!!」と、防災研究社の方より講評をいただきました。
★避難口からの避難訓練★
職員を対象に、2階北ベランダ避難口からの避難訓練を行いました。
「救助袋での避難は1人ずつです。基本的には、階段やすべり台で避難する為、救助袋からの避難は最終手段として考えます。」「足を広げてブレーキをかけながら降ります。頭からはダメです。」と、防災研究社の方が指導して下さいました。

2階ベランダに設置されている避難口
避難口より避難する様子
避難袋から避難する様子
避難訓練を通して、園児も職員も、いろいろな気づきや学びがありました。
普段から、火事や災害が起きた時、誰と・どこに・どうやって逃げるのが一番安全かを考えておくことが大切です。
「避難訓練の事をお家の人にお話して下さいね。」と担当の先生からお話がありました。
これを機に、ご家庭で防災について考えてみてはいがでしょうか?
学校法人 萌生学園
〒840-2213
佐賀県佐賀市川副町大字鹿江668-1
TEL.0952-45-0739
FAX.0952-45-1124
TOPへ戻る